1. TOP
  2. 《お取り寄せ》慶喜が欧米公使に餐応したローストビーフ

《お取り寄せ》慶喜が欧米公使に餐応したローストビーフ

ローストビーフ

幕末、アメリカ、フランス、イギリスが開国を促すよう各国公使と会談した際に餐応料理にロースとビーフがありました。

ロースビーフは、江戸時代食べられていました!!

櫻田が贈る最高のローストビーフ

30年前から知り合いの京都西陣の名店”神馬”が作るローストビーフです。

日本料理の巨匠だった、いな梅の稲毛さん、京都で予約の取れないフランス料理店”ラ・ビオグラフィ/La Biographie…”のシェフ滝本さんがこのローストビーフは京都No.1のローストビーフだと褒めている逸品で、私も京都を訪れると必ず食べています。

京都牛の黒毛和牛A4/A5クラスのイチボを低音調理でじっくり仕上げた最高の食感と味を実感してください。

”神馬”ご主人酒谷さんのご厚意で東京で唯一提供していただき販売させていただきます。

櫻田が贈る最高のローストビーフ
100g 1600円
*200g~の販売となります。
*スライスをご希望の場合は、申し出ください。

お問い合わせ

江戸料理 櫻田


〒111-0034 東京都台東区雷門1丁目15−12 永谷マンション1F
電話: 03-3845-3995

\ SNSでシェアしよう! /

江戸料理 櫻田の注目記事を受け取ろう

ローストビーフ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

江戸料理 櫻田の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!